.

 少子化が進んで子供の数が減ってきているので、学校も減っていくのではないかと考えていました。  現実に公立の小学校などは、子供の数が減って閉鎖されるケースもいくつか記憶があります。特に東京の都心部はオフィスの割合が増えてきて、人が暮らす環境でなくなってきていますので、少子化とは直接関係が無くても閉鎖となったのかもしれません。  女性を対象とした女子大や短期大学の経営も行き詰って、学校自体がなくなってしまうケースも出てきました。伝統のある有名な学校が無くなってしまっています。  短大が無くなる理由は、女性も四年生の大学に行く事が当然になってきたからでしょう。社会のニーズが変わってくるとそれに合わない学校は人気が無くなり存続自体が難しくなってしまいます。  一方で、人気がある学校は、入学したい学生の数がどんどん増えますので、受験の競争率も高くなり、狭き門となっています。人気のある学校も時代とともに変わり、伝統校で有名な学校でもうかうかしていられないのが実態です。  学生や教師が問題を起こしてマスコミに取り上げられたりすると、学校の人気は一気に落ち込んでしまいます。逆に、スポーツで目覚ましい活躍をする学生が在学していたり、有名人や芸能人が卒業した学校は人気が出たりします。