.

自動車重量税、略して重量税というものは、日本の自動車や外国の車など車の国やハッチバック、ハイルーフ車というような車の形状に例外なく、例えば、マツダやGM、等にも一般的に納めることが必要な税金です。

新車を登録するさい、あるいは定期的にある車検のさいに支払う必要があるものなのです。

その額はそれぞれの自動車の大きさにより決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」では別の税なのできちんと学んで勘違いしないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは車の大きさ毎に」「自動車税というものは総排気量で」その額が変わります。

それにより売却する場合の扱われ方違いますから注意しなければなりません。

中古車を買い取ってもらう時には支払い済みの自動車の税金がどれだけあっても、その税額が戻ってくることはありませんが、一方で、自動車税であれば支払った残存税額を買取額に足してくれるというケースがありますが、重量税に関しては足されるというケースは全然ないのです。

重量税というのは自動車の処分時に既に納付した税額があるとはいえ自動車買い取り店の方でその事実が配慮されることはほとんどないのです。

なので次回の支払い要は次の車検まで売却を保留し売るという手段が無駄がないでしょう。

中古車買い取り時は考慮されない重量税ですが、ある場合でしたら戻ってくる可能性があります。

このケースは、車検期間が残ったままの車を廃車にする場合。

要するに、廃車申請をした際に残っている車検期間に応じた金額が戻ってきます。

しかし、自動車の買取の際はその中古車が廃車されるのとは違って返ってきません。

それから車の名義変更をしてしまった時や、盗難されたケースなども還付してもらうことは不可能です。

重量税の残存期間がある車を手放すイコール車検が残っている中古車です。

その辺りを買取店も考慮しますから、重量税が残っていれば、ある程度査定額があがるはずです。

もちろん、売却額は買取業者によって違ってきますが車検が残っている事実が考慮されれば、愛車の売却額と比べるとあまり割に合わないということもありません。